TOPFacebookTwitterブログプロフィール譲渡会イベント報告保護記録里親さんの掲示板ご支援のお願い
TNR活動とは?、地域猫活動とは?、殺処分の現状、保護された猫たち、その他 不要犬・猫レポート

プロフィール

NPO法人nekonokoの活動、立ち上げについては
以前行ったクラウドファンディングをご覧ください


 ■ nekonoko代表 titti(チッチ)
 東京都在住  保護した子や預かった子たち20匹以上と同居中 ※titti宅のにゃんこたち
 2002年に子猫を拾ってから猫人生へ突入。その後ネットで外猫の現状を知り、目に付く可哀想な猫は
 保護するようになり、家の猫が増えてきたので里親探しを始める。
 そして他にも個人で猫を保護している人達のために少しでも役立てればと、2005年4月このサイトを開設。

 サイト開設後は、個人で猫活動をしている方たちと知り合い、里親募集や預かりなどのサポートをし、
 少しでもお外の猫たちの現実を知ってもらいたいと、イベントや展示会などにも参加。

 2011年1月NPO法人となる。
 現在、原宿のレンタルスペースを借りて毎月譲渡会を開催。

 子供の頃からアレルギーのためアトピー、喘息があり、猫を保護し出してから数回アレルギー発作で
 救急搬送されることも、それでも猫たちを救いたいと日々病と闘いながらがんばって活動をしています!

 
 サポーター いっち
 群馬県在住 応援ブログ ニャンコを家族の一員に!!
 子供の時、伯母にハローキティーグッズをもらったのがきっかけで猫好きに。
 しかし、両親は大の動物嫌いで猫を飼うことは許されず…

 同じく動物好きな主人と念願の猫里親となり幸せに暮らしていたのですが、主人の仕事の都合で
 愛猫とお別れせざるをえなくなりました。
 (猫達は新しいパパママにたくさんの愛情を注がれ、更に幸せに暮らしています)

 我が家が里親となるきっかけを作ってくださった、チッチさんと縁あって仲良くさせていただいていることもあり、
 猫を飼わずしても猫を幸せにする術はないか?相談した所、サポーターのお話をいただきました。


 人とのつながりを大事にしながら、1匹でも多くの猫が幸せになれるよう、小さなことでもしていけたらと思っ
 ています。せっかくなので、地方の猫事情もリポート出来れば嬉しいです。

 ■ サポーター アム
 東京都在住 ブログ アム日記
 2007年、バイト先のお店裏でポツンといた乳飲み子を保護、初めての猫との生活でしたが、あまりの可愛さ
 に猫大好きに
その後2匹増え、もう1匹迎えたいと、なんとなくパソコンを見ていたら里親募集のサイトを見
 つけnekonokoで募集をしていた子猫ちゃんの里親に。

 自宅が譲渡会を開催している会場から近所だったので、譲渡会のお手伝いや、
 保護した猫の預かりをしています。

 私にとって猫達はもうなくてはならない大切な大切な存在です。
 大好きな猫ちゃんが幸せになるように、微力ですがサポート出来ればと思っています。


〜 nekonoko titti宅のにゃんこたち 〜
過去のブログ


※こちらに載っている猫たちは里親募集を断念した子や、病気の猫、長らく里親が決まらない猫たちを
載せています。通常の里親募集をしている猫たちは掲載ページに載っています。
ナン ♀
2004年1月 保護当時1歳
チャー ♀
2004年9月 保護当時1ヶ月
モカ ♀
2005年8月 保護当時1ヶ月半
お外で餌を求めてスリスリして来て痩せていたので保護。
1ヶ月後、妊娠していることが発覚し泣く泣く堕胎させる。
母猫(外猫)が交通事項で亡くなったとのことで保護。連れて帰ってシャンプーをしたところ、ノミの糞で洗面器のお湯が真っ赤になるほどで、シラミもいて、みすぼらしかった。今ではこんな美猫に成長。
劣悪ペットショップで鳥篭に入れられていたので保護。ペットショップとの交渉があり、なかなか里親募集が出来ずそのままtitti宅の子に。
アル ♂
2006年6月 保護当時1ヶ月半
ムウ ♂
2006年6月 保護当時1ヶ月半
トト ♂
2006年9月 保護当時4ヶ月
捨てられていたのを警察に持ち込まれ、知人ボランティアが引取保護。
そのボランティアには他にもたくさんの保護猫がいて大変だったため、titti宅で引取る。ムウと兄弟。
捨てられていたのを警察に持ち込まれ、知人ボランティアが引取保護。
そのボランティアには他にもたくさんの保護猫がいて大変だったため、titti宅で引取る。アルと兄弟。
多頭飼い崩壊でココ、キキちゃんと一緒に保護。保護当初から片目無し。キキちゃんがFIP(猫伝染性腹膜炎)で亡くなったため、心配になり里親募集を中止する。
ココ ♀
2006年9月 保護当時3ヶ月
ねね ♀
2010年8月 保護当時1〜2歳
テン ♂
2010年6月 保護当時5〜6歳
多頭飼い崩壊でトト、キキちゃんと一緒に保護。保護当初から片目白濁。
姉妹と思われるキキちゃんがFIP(猫伝染性腹膜炎)で亡くなったため、心配になり里親募集を中止する。
ガリガリヨロヨロでいるところを発見し保護。脳障害なのか、耳が聞こえず、運動機能も少々劣る。それ以外は健康だったため里親募集をしていたが、2016年に腎不全になり、募集を終了。titti宅で治療中。
劣悪ブリーダーから救出。耳ダニを長期放置していたため、酷い中耳炎から耳が萎縮し、アレルギーもあり里親募集は断念。どこに連れて行っても臆することなくのんびり出来る子のため、譲渡会に同行。来場者を和ませている、ある意味nekonokoスタッフ。
ママ ♀
2014年8月17日 保護当時1歳
主任 ♂
2014年10月 保護当時10歳前後
じじ ♂
2014年10月 保護当時7歳前後
外猫が増えてしまった現場でTNR(捕獲し手術をして元の場所に戻すこと)をした際に子猫と一緒に捕獲したママ猫。乳腺癌疑いがあったためリリースせず保護。人に馴れていなかったため人馴れ訓練中。※子猫は無事に里親が決まる。
相談があり箱根の観光地でTNR(捕獲し手術をして元の場所に戻すこと)の際に弱っていたため保護。検査の結果、エイズ陽性に肝臓の数値が悪く、治療をして里親探しをする予定だったが、糖尿病も発症してしまい里親探しは断念。現在titti宅で治療中。※シラミがいたため駆除で毛刈りをするが、病気の影響でなかなか毛が生えてこず。
知人宅近所で放浪していた猫。知人が見つけた時にはガリガリで不憫に思い餌をあげていたが引越をすることになり、こちらで保護することに。エイズ陽性で酷い歯肉炎のため血混じりのヨダレを飛ばし、仕方なくケージ暮らしに。当然、里親募集は出来ず。
こま ♂
2015年6月 保護当時4歳前後
ふー ♀
2015年6月 保護当時15歳以上
こじ ♂
2016年2月 保護当時4歳前後
TNR(捕獲し手術をして元の場所に戻すこと)で捕獲をしたところ蚊アレルギーで耳周りが傷だらけになり、疥癬症状にエイズ陽性とリリース出来ず、人に馴れていないため悩んだが保護し里親探しを決意。現在募集中。
相談を受けて目黒区公園で保護。15歳以上の高齢とエイズ陽性、腎不全、人にも馴れていないため里親募集はせずtitti宅で治療中。
相談があり箱根の観光地でTNR(捕獲し手術をして元の場所に戻すこと)をした際に、他の猫と仲が悪く体中に傷があり、人にも馴れていたためリリースせず里親探しのために保護。同じく保護猫のあかりちゃんと仲良しのため一緒に里親募集中
あかり ♀
2016年8月17日 保護当時1ヶ月半
風邪からか、徐々に眼が悪くなり、母猫からも見放され1匹でいたため保護される。保護者は飼うことが出来ずこちらで引き取り治療をし、失明は免れたものの完治はせず。それでも元気いっぱいなため里親募集を開始。同じく保護猫のこじくんと仲良しなため一緒に募集中
その他の保護猫は里親募集ページに掲載されております
亡くなった猫たち
ミャー ♀
2002年9月 保護当時7ヶ月
トラ ♂
2003年10月 保護当時2ヶ月
シャム ♂
2004年4月 保護当時4〜5歳
ディスカウントショップの駐車場で、ミャーミャー鳴いてウロついていて保護し、我が家の子となる。titti 初の猫生活突入となる。
2015年10月29日 乳腺癌のため永眠
ネットで外猫の現状を知り里親になることを決意し、千葉の愛護団体ライフボードから引取る。白血病陽性。
2015年11月24日 腎不全のため永眠

疥癬(ダニ)のためボロボロのところを保護。初めて大きなケージを購入しての大掛かりな保護となった。
エイズ、白血病陽性。2006年9月に左足の骨肉腫が発覚し断脚。
3本足でがんばっています。
2011年1月11日 病気のため永眠
ニャン太 ♂
2004年8月 保護当時3〜4ヶ月
保護記録に載っています
ハネ ♀
2004年10月 保護当時7歳
わさび ♂
2005年3月 保護当時10歳以上
ボロ雑巾のような状態のところを保護。なんとか一命は取り止めたものの、脳障害ということがわかりケージ暮らし。2006年12月にテンカン発作を起こすようになってしまい毎日精神安定剤を服用。2010年2月に薬の副作用から急性肝不全となるものの完治。しかし、2010年2010年12月1日にテンカン発作時、ケージに挟まり永眠
コンビニ付近に住み着きご飯をもらっていたが、台風の日にコンビニに助けを求めて入って来たので保護。
保護当時はノミ、シラミがビッシリで
歯も腐っていてヨダレを垂らし、ご飯を食べられない状態で体重が2キロしかなく、さらにエイズも陽性。歯は全部抜く。2007年から腎臓が悪くなる。
耳ダニが酷く、顔まで傷だらけになっていたので保護。よく見ると交通事故にでもあったのか手が潰れ、骨盤が歪んで高いところにはジャンプできず、エイズ陽性。
2007年5月22日 リンパ腫のため永眠
風太 ♂
2005年5月 保護当時2〜3歳
てつお ♂
2006年2月 保護当時10歳以上
キキ ♀
2006年9月 保護当時3ヶ月
知人ボランティアの餌場にいた子。可愛い子だったので、馴れたら里子に出したいとのことで預かったが、3年経っても馴れてくれず、里親募集を断念。でも、徐々に馴れてきて、人間がいても隠れないようになってきています。エイズ陽性。
2015年1月7日 癌のため永眠

左腕が壊死した状態で知人ボランティアの餌場に来たので、保護。
手術をして壊死している左腕を切断。まったく人馴れしていなく、エイズ陽性ということもあり、そのボランティアが保護していくのが困難になったため、titti
宅で預かる。
2007年1月5日 腎不全のため永眠
多頭飼い崩壊でトト、キキちゃんと一緒に保護。なかなか成長せず神経症状が出たため検査をしたところFIPの可能性が高くなり、2ヶ月治療をしたが甲斐なくFIP発症となり亡くなる。
2006年12月24日 FIPのため永眠
コロ ♂
2007年7月 保護当時6〜7歳
こつぶ ♀
2008年5月 保護当時1ヶ月
クゥー ♂
2010年10月 保護当時10歳以上?
飼い主さんが急死し、安楽死寸前のところを保護。保護先がなかったためtitti宅で預かる。里親募集をしていたが、腎臓が悪く若くないためなかなか里親さんが見つからず、里親探しを断念する。
2014年9月21日 腎不全のため永眠
車の下に入り込んでしまったところを知人ボランティアんに保護され、titti宅で預かる。2008年6月の譲渡会で里親さんが見つかったが、お届前の検査結果で、白血病陽性と発覚して破談となる。
2009年6月に白血病発症、抗がん剤治療により一旦は回復するが、
2009年12月25日にFIPを発症し永眠
ガリガリボロボロの瀕死の状態で保護され、保護した方からtitti宅で預かる。診察の結果大腸癌とわかり、保護されて4ヶ月という短い期間を看護し看取る。
2011年2月5日 大腸癌のため永眠
桃 ♀
2011年6月 保護当時1ヶ月
フッサ ♀
2012年7月 保護当時10歳前後
外猫が民家の物置で産んだ子猫兄妹5匹の内の1匹。
他の兄妹は里子に出たものの、桃ちゃんだけは大きくならず、神経症状が出始め、いつもヨダレが出ている奇病を発症したため里親募集を断念。

2012年4月15日 膿胸のため永眠
傷だらけの猫がいると相談があり、蚊アレルギーで耳がハゲ、体にも傷があったため保護。アレルギーが良くなったら里親募集予定だったが、鼻詰まりと便秘の影響で胃にガスが溜まる奇病で一時危ない状況になり、なんとか一命を取り留める。その後、鼻洗浄がかかせなくなったため里親募集を断念し自宅療養させる。
2014年5月6日 呼吸不全のため永眠


▲ページ上部に戻る


Copyright (C) 2005- nekonoko All Rights Reserved.